06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.02.10 (Fri)

バレンタインの主役!★カカオのお話★




こんにちは、Akikoです



そうですバレンタインが目前に迫っています
みなさま、準備はいかがですか



長い歴史のあるバレンタイン
バレンタインとは一般的に恋人という意味で、
世界各地で恋人たちの愛の誓いの日とされていますよね



そんなバレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされています

当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日でした。
ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもありました。
翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日でした。
当時若い男たちと娘たちは生活が別だったので、祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を
桶の中に入れることになっており、翌日、男たちは桶から札を1枚ひき、ひいた男と札の名の娘は、
祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていました。
そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚したそうです。


現代とは違って、自由に恋愛ができなかった時代ですが、
私はなんだか純粋で美しさを感じます






前置きが長くなりましたが、今回はそんなバレンタインの主役、
カカオのお話です


cacao2.jpg


カカオは、原産地である熱帯アメリカでは紀元前1900年ころから利用されていたと
いわれています。

カカオの実は長さ15~30cm、直径8~10cmで幹から直接ぶら下がる幹生果で、
カカオポッドと呼ばれています。
このカカオポットから、カカオの精油が抽出されています。

さらにカカオポットの中に20~60個の種子を持ち、これがカカオ豆となります。
このカカオ豆がチョコレートやココアの原料となります。


cacao.jpg



カカオはTheobromaと呼ばれていますが、これは神の食物という意味です




カカオの香りを嗅ぐことにより、内分泌機能を刺激し、
エンドルフィン (脳内で機能する神経伝達物質で、内在性鎮痛系に関わり、
多幸感をもたらすと考えられている) の生産を活性化する作用があります。



このため、肉体的健康と幸福を呼びおこすと言われています。
喜びや快楽などを五感に訴え、私たちの生活をより楽しく満足できるように手助けしてくれます
特に、かなりまじめで、頑固な性格の人にオススメです




カカオの香りは、抗うつの効果があり、
精神的なトラブル、悲しさや苦しさ、うつ、無欲などに有効的です。

そして、私たちにリラックスと安心感を与え、生命の源、
ベースチャクラに働きかけるとも言われています。

ベースチャクラが開かれると、生命力や活力がみなぎり、
自己信頼が高まります




地に足がついた行動と言動をとることができるようになり、
人間的、社会的に信頼されるようになるでしょう

s_grapefuruit2.jpg
       カカオ 5ml \4,515 (税込み)





オススメの使い方

とっても簡単

バレンタインカードにカカオを1滴つけて、相手に送るのはいかがでしょうか??

あなたの大切な想いを、相手に素直に伝えられるよう、
カカオがお手伝いしてくれるでしょう










この日本独特のバレンタインの行事を、とことん楽しんで、
恋人はもちろん、日ごろお世話になっている人達や、気になる人に
感謝や自分の気持ちを素直に伝えてみてはいかがですかぁ

うれしいハプニングを呼び寄せてくれるかもしれませんね










s_rayleigh.jpg

大阪・本町のアロマ&エステティック
プライベートサロン ☆レイリー☆

大阪市中央区南久宝寺町4-6-6
080-4017-4189
info@rayleigh.jp
=================================
HomePage
http://www.rayleigh.jp/
Blog
http://rayleighroom.blog74.fc2.com/
facebook
http://www.facebook.com/rayleigh.jp
=================================





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アロマテラピー - ジャンル : 心と身体

記事を別窓で開く  |  アロマの話  |  TrackBack(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑




コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rayleighroom.blog74.fc2.com/tb.php/380-27b6e385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |