10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012.02.29 (Wed)

アロマの王道 ★ラベンダーのお話★




こんにちは~、Akikoです




今回、ついに、挑みます


アロマの王道、芳香植物の救急箱、
ラベンダーのお話です



s_lavender01.jpg





ラベンダーは、ラテン語で洗うという意味のLavareから
名づけられたと言われており、古代ローマ人が入浴の際にラベンダーを入れ、
香りを楽しんだ歴史があります。

とても用途の広い精油の一つで、
70種類以上の症状のトリートメントに使えると言われています






この優れた効果は数千年も前から取り上げられてきました。


ディオスコリデス
汝の胸にある憂いに効果があると推奨し、

のちに聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲン
純粋な性格を保つ為に勧めました。

1660年にリチャード・スーフレ
ラベンダーの蒸留水は失った声を取り戻し、
心臓機能の衰えや病を癒す
と記述しています。






s_lavender02.jpg






東洋医学から見ると、ラベンダーの冷やし、炎症の消散、緊張をほぐす作用は
熱性の症状、例えば、
炎症、けいれん、痛み、落ち着きのなさに効果的です



また殺菌作用は多岐に及ぶ炎症症状に適しており、さらに、
穏やかな抗感染作用が泌尿・生殖器・呼吸器の感染症に有効と言われています





肝熱の過剰なうっ血を調整し、冷やし、
頭痛、偏頭痛、便秘を解消してくれるでしょう。



心気を鎮静させ、保つ働きは
神経性の緊張、不眠、動悸、高血圧にも良い働きがあります






ラベンダーが精神面にもよく用いられるのは、心気を落ち着かせて安定させ、
心の中核の働きを支えてくれる
からです



心の許容範囲を超えた辛さや苦しさなどの、どんな激しい感情でさえも
鎮静させてくれるでしょう



また、自分の中に閉じ込めたまま、気付こうとしなかった
感情や精神のエネルギーを解放し、
気の流れを滑らかにします


欲求不満やイライラを和らげ、パターン化された行動、
感情をも解放する手助けをしてくれます。



ラベンダーの持つ、静けさや落ち着きは
自らを守ってくれるかのように包み込んでくれるでしょう


そして、人の目を気にしすぎないで、
素直なありのままの自分を表現してもよいことを認識させ、
自己確立と完成を促します







s_lavender03.jpg
ラベンダー・エキストラ 5ml \2,205 (税込)










オススメの使い方


とってもストレスを感じて、疲れがとれない日は、寝る前に、
ラベンダー数滴入れてフットバスで心も身体も
リラックスさせてあげましょう


ベルガモットマンダリンなどの柑橘系の精油と一緒に使ってみると、
元気が蘇り、やる気が湧いてきます


ペパーミントとの組み合わせもおススメです。
頭がすっきりとし、爽快感が味わえますよ






ラベンダーは

原液で直接お肌につけられる数少ない精油の一つです

赤ちゃんからお年寄りまで幅広く使って頂けます









私の友人は、ラベンダーの香りを嗅ぐと、トイレを思い出すと言います
確かに、トイレの消臭剤によく使われています。


しかし、実際のラベンダーの香りは、

とっても上品でいて爽やかで、柔らかく優しい香りです


是非、本物のラベンダーの香りを味わってみてください!
消臭剤とは比べ物になりませんから




知ってるつもりのラベンダー
この機会に、ワンランク上の上質な楽しみ方を試してみませんか











s_rayleigh.jpg

大阪・本町のアロマ&エステティック
プライベートサロン ☆レイリー☆

大阪市中央区南久宝寺町4-6-6
080-4017-4189
info@rayleigh.jp
=================================
HomePage
http://www.rayleigh.jp/
Blog
http://rayleighroom.blog74.fc2.com/
facebook
http://www.facebook.com/rayleigh.jp
=================================







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アロマテラピー - ジャンル : 心と身体

記事を別窓で開く  |  アロマの話  |  TrackBack(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑




コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rayleighroom.blog74.fc2.com/tb.php/399-40105735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |