03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012.03.11 (Sun)

ニキビケアについて③ ~生活改善編~




ニキビのサロンケア、スキンケアに引き続き、
生活改善についてご紹介します~



ニキビの原因は活性酸素にあり!





という事ですが、その活性酸素が発生する原因は、
なんといってもストレス



精神的なものはもちろん、
睡眠不足、栄養の偏り、不規則な食事、紫外線、水道水の塩素、
油を使った食品、汚染された大気、一部の農薬や医薬品
冷え、甘い物の食べ過ぎ…
これらはすべて体にとってはストレスです



こういった数あるストレス(体の負担)を少しでも、
無くす為にはどういった所に気をつけたらよいかをお伝えします







①甘い物を食べ過ぎない

糖分は摂取しすぎると、体の中のタンパク質と結合して、
糖化」という現象を引き起こします。
この「糖化」は、血管の中でも起こります。
糖が、血管壁のタンパク質と結びつくと、「糖化」が起こり、
血管が劣化して、抹消の血液循環が悪くなります
そうして血管の糖化が進み、
周辺の細胞が死んでいった結果、現れるの症状の一つが、
糖尿病によって起こる壊死です
血管が劣化すると、血流が悪くなるため、栄養素や酸素などが運ばれず、
新しいお肌が作れなくなったり、老廃物の排泄がうまくいかずに蓄積したりという、
ニキビができやすい環境を作ってしまいます。






②バランスの良い食事

皆さんは、普段どういった食事をされているでしょうか?
おにぎり、パン、ラーメン、ピザ、丼もの…etc
ついつい炭水化物や脂質に偏ってしまうことが多くはないでしょうか??
しかし、ニキビのケアや予防にはバランスのよい食事をすることが不可欠です。
栄養素をバランスよく摂取しないと、
お肌の新陳代謝が落ちたり、皮脂分泌が活発になって、
ニキビができやすいお肌状態になってしまいます。
それぞれの栄養素とニキビの関係を以下にまとめました☆


★炭水化物
分解されて「」となり、人体の主なエネルギー源として利用されます。
特に脳や神経系にとっては、糖が唯一のエネルギー源なので、
不足すると大変な事になります。
しかし、「糖」は取りすぎると、先ほど説明した「糖化」現象を引き起こすため、
血管の劣化を引き起こし、お肌の代謝が悪くなってニキビの原因となることがあります。
ですから、取り過ぎには要注意です!


★タンパク質
体を作る元となるのはタンパク質
人間の体は50~60%が水分ですが、残りの液体でない部分の30~40%はタンパク質です。
エネルギーとなる炭水化物をいくら摂取しても、
タンパク質がないと体は作られず、新しいお肌を生み出す事もできませんので、
お肌の新陳代謝も悪くなり、ニキビの原因になります
それだけでなく、
シワが発生したり、筋肉が作れないために太りやすい体になってしまったり、
ニキビ以外の点でもマイナス要素がたくさん。
ですから、肉や魚、卵や豆腐などをしっかり食べましょう
また、やはり主食にはごはんが一番
実は、ごはんは半分炭水化物、半分タンパク質でできているのです。
腹持ちもよいので、お菓子を食べる量も減ります。


★脂質
ダイエットのために脂質を避ける方がいますが、脂質も必要な栄養素ですので、
摂取する事が必要です
脂質は、細胞膜血液ホルモンなどの原料となります。
ニキビの原因には、血行不良やホルモンバランスの崩れ等が関わっていますので、
血液やホルモンの原料となる脂質は、ニキビの発生予防には欠かせません。
また、脂質は、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。
脂溶性ビタミンADEKのうち、ビタミンAは皮膚粘膜の形成を助けて、
ニキビの原因の一つである、
お肌の角化(古い角質がはがれ落ちずに皮膚表面に残ってしまい、
角質がどんどん分厚くなっていく事)を防いでくれます。
さらに、汗腺や皮脂の分泌を正常化したり、
活性酸素を除去してくれる働きがあるので、
不足するとニキビができやすくなってしまいます
ただ、脂質を取りすぎると、次の日の皮脂分泌が活発になり、
ニキビの要因の一つとなりますので、注意が必要です


★ビタミン
ビタミンは、三大栄養素(たんぱく質・脂肪・炭水化物)を
エネルギーや身体の構成分として利用するために必要不可欠な栄養素です
ほとんどのビタミンは、体内では合成できないため、
食事から摂り続ける必要があります
また、ビタミンはそれぞれの相互作用によって働きますので、
バランスよく摂る必要があります。
中でも、ビタミンCは、
お肌の水分を保つコラーゲン線維を合成したり、
活性酸素を無害化する抗酸化作用があるため、
ニキビでお悩みの方には特に不可欠です。
ですので、ビタミンが豊富に含まれる野菜や果物などを、
多く摂取するようにしましょう(^ω^)
お肌に直接塗る場合も効果的ですが、その場合は「誘導型ビタミンC
という形にしなければお肌に吸収されませんので、
そういったものをきちんと選ぶ必要があります



★ミネラル
ミネラルは、細胞の新陳代謝やエネルギーの発生など、多くの生理機能に携わっています。
中でも、は血液の成分であり、酸素の運搬にかかわっていますので、
ニキビケアに重要な、「皮膚の代謝」には欠かせない栄養素です!







③睡眠をしっかりとる

お肌は、だいたい夜10~2時の間につくられますので、
この間に睡眠をとっている事が理想的です
また、睡眠不足は、血液の循環を悪くします。
すると、お肌のターンオーバーがうまくできなくなり、
異常角化
(古くなったお肌の角質がはがれず、どんどん角質層が厚く、固くなること)
を起こします。
異常角化が起こると、毛穴の間隔が狭くなり、皮脂が溜まりやすく、
活性酸素が発生しやすい環境になります。







④体を冷やさない

冷え(血行不良)によって、お肌に栄養素や酸素などが運ばれず、
新しいお肌が作れなくなったり、老廃物が蓄積したりして、
ニキビができやすい環境を作ってしまいます。
また、冷えるとホルモンバランスが崩れ、
ニキビができやすくなってしまいます


★入浴
体を冷やさないためには、やはり入浴が効果的です
38~40℃のぬるめのお湯に
最低でも10分、できれば30分つかるのが理想的です。
しかし、なかなかそういった時間を取るのが難しい(><)
という方は、湯たんぽやホットパットを使うのもオススメ
自分が冷たいと思う部分を温める他に、太ももお腹を温めるのも効果大!
太ももには体全体の4分の1もの筋肉が集まり、血流も多いので、
効率的に全身を温めることができます。


★温かい食べ物と陽の食べ物を摂取する
冷たい食べ物は体を冷やすので避けましょう。
陽の食べ物とは、色が濃い、赤っぽい、塩分が多い、水分が少ないなどの食品です。
具体的には、赤身の魚やたまねぎ、にんじん、みそ、ドライフルーツなど。
逆に、体を冷やすものは、牛乳やパン、バナナ、レタス、もやしなど。
ただ、絶対に食べてはいけないという訳ではなく、
バランスよく摂取する事が大切(^ω^)
 

★防寒対策をしっかりと!
きちんと防寒対策をすることで、びっくりするくらい体が楽になります
レッグウォーマーやヒートテック、腹巻きなどは
本当に1枚あるだけでも体の保温効果が違います
最近は、おしゃれを楽しむ為に寒くても薄着で我慢するという方もいらっしゃいますが、
防寒をしながらも可愛い!と思われるオシャレマスターを目指しましょう(^^)/








⑤油取り紙は使わない!

オイリー肌は、ニキビの原因の一つ。
皮脂が毛穴に溜まると、酸化して炎症を起こしやすくなります。
しかし、ここで油取り紙を使ってはいけません!
皮脂が出てくるのは、お肌が乾燥しているから!
皮脂は足りない水分を補おうとして、出てくるので、
油取り紙で皮脂をとると、
さらに体が頑張って皮脂を出そうとしてしまって、逆効果です。
それよりも、しっかり水分補給をしてあげることが大切です!
お化粧水と保湿剤でしっかりお肌の水分を保持する事、
また、1日2リットル以上の水を摂取して内側から水分補給してあげることも必要です。
ちなみに、コーヒー、紅茶、緑茶は「脱水効果」があるので、
これらを飲む度に水分がマイナスになっていってるというイメージです。
カフェインの取り過ぎには、少し注意しましょう。







⑥日焼け対策はしっかりと

アクネ菌は、お肌に非常に多く存在する善玉菌です。
存在している事に問題はありませんが、
その排泄物に紫外線が当たると、大量の活性酸素が発生してしまいます

また、紫外線や、ストレスなどで活性酸素が増えると、
ベースメイクやチークなどの色物に使われている油(質の悪い鉱物油の場合)
を酸化して過酸化脂質に変え、ニキビやお肌トラブルを引き起こします!


アクネ菌は、お肌にたくさん生息しているため、
完全に殺してしまったり、その排泄物を消す事は不可能です。
活性酸素を発生させないためには、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりと
紫外線カットを徹底する事が必要です
紫外線は1年中降り注いでいるので、日焼け止めは冬でも毎日塗ってあげてください。

また、きちんとしたお化粧品を選ぶ事も大切です。
値段が高ければ質のよい油を使っているかというと、必ずしもそうとは限りません。
きちんと情報収集する事が大切です









⑦コンビニ弁当は控えましょう

コンビニのおにぎりやパン、お弁当には食品添加物がたくさん!
添加物は体にとってストレスです!
体にとってのストレスとは、精神的な事だけではありません。


★身体的ストレス
暑さや寒さ、怪我、病気、運動不足、過食、大気汚染、食品添加物などの外的ストレス
睡眠不足、不規則な生活、夜更かし、妊娠、月経などの内的ストレス

★精神的ストレス

転校、夜勤、セクハラ、結婚、疲労、上司、友人などの社会的ストレス
離婚、別居、死別、恐怖、失恋、失敗、挫折などの「心理的ストレス


赤ちゃんが生まれた時に最初に感じるストレス、それは、
気温と湿度です。
そこから始まって、人間はいろいろなストレスを受け、
それを克服しながら成長していきます
ただ、
現代には、知らず知らずのうちに受けてしまうストレスや、
仕事上で防ぐ事が難しいストレス(時間帯や人間関係など)が溢れています。

食品に関して言えば、
夏場、店頭にあるパンの袋の中が湿っていることがあります。
あんなに湿気の多い袋の中で、腐りやすいパンにカビ一つ生えない。
どれだけの防腐剤が入っているか…考えると恐ろしい現実です(><)

また、野菜も昔に比べ栄養価の下がっているものが多く、
本当に必要な栄養が摂取できているか、
意識しなければストレスを受けてしまう状況です。

正しい情報を集めて、ストレスを防ぐ事も、活性酸素を生まないために必要です。
まずは、外的ストレスとなる食品添加物、
コンビニ弁当の多ベ過ぎは控える様にしましょう










⑧運動をする

血流をよくし、体温を上げるためにも、運動は必要☆
ただし、呼吸が浅くなるような激しい運動は、副交感神経のレベルを低下させ、
活性酸素を大量に発生させることになります
ですから、きちんと呼吸ができる、ゆっくりした運動で、酸素をしっかり取り込み、
抹消の血管を拡張させて、酸素と栄養が行き渡るようにしましょう。
血行がよくなり、新しいお肌も作りやすくなります(^ω^)







⑨夜遅くに食べない

★消化不良が活性酸素増加の元
人間の食べる食事にはたくさんの菌がくっついています。
それらの菌を体内に取り込まないようにする為には、
消化管で菌をやっつける必要があるのですが、
その時に使われるのが「活性酸素」!
活性酸素は、異物を攻撃するミサイルのようなもので、
それを使って、食物についている、体に有害な菌を攻撃しています
しかし、夜遅くにごはんを食べてすぐ寝てしまうと、
消化不良が起こるため、腸の中で、大量の菌が繁殖し、
その対策のために活性酸素が大量発生します!
そうして発生した活性酸素が、血流にのって全身をめぐり、
お肌に炎症を起こすのです。


★ニキビの修復が出来なくなる
夜遅くに食事をすると、血が胃腸へ集中します。
体は、本来睡眠中に、炎症や傷のある所に血を回して、患部を修復するものなのですが、
消化のために血が使われると、それができなくなります(><)
ニキビも毛穴の炎症なので、睡眠中に修復されるべきものです。
睡眠前の食事は控えましょう。
お腹が空いていると、次の日の寝覚めも、お通じもよくなりますよ







⑩ホルモンバランスを崩さない

★皮脂分泌の増加
ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが増えると、皮脂分泌が盛んになり、
オイリー肌になります。
皮脂が毛穴にたまると、菌が増殖しやすくなり、活性酸素も増加します!
また、紫外線やストレスなどにより発生した活性酸素が、溜まった皮脂を
過酸化脂質に変えてしまい、それがニキビやお肌トラブルの原因となります。

思春期や生理前後にニキビができるのも、ホルモンバランスが安定せず、
皮脂分泌が活発になる事が関係しています。


★角質肥厚
ホルモンバランスが崩れると、
いらない角質がきちんとはがれ落ちずに表面にたまっていく、
異常角化を起こします。
異常角化が起こると、毛穴と毛穴の間隔が狭くなり、
皮脂が溜まりやすくなるため、
ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

ホルモンバランスは、ストレスの影響を非常に受けやすいため、
冷えや睡眠不足など、上記の事に気をつけてみてください。







このように
生活の中でも出来る事はたくさん
ただ、忙しい現代人には、
かならずしも理想的な生活ができない人も多いのではと思います

そういう方のために、ホームケアやサロンケアがある訳です




ご自分にあったケア方法が分からない方は、
レイリーでカウンセリングさせていただきますので、
お気軽にお越し下さい










s_rayleigh.jpg

大阪・本町のアロマ&エステティック
プライベートサロン ☆レイリー☆

大阪市中央区南久宝寺町4-6-6
080-4017-4189
info@rayleigh.jp
=================================
HomePage
http://www.rayleigh.jp/
Blog
http://rayleighroom.blog74.fc2.com/
facebook
http://www.facebook.com/rayleigh.jp
=================================







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お肌のためのスキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

記事を別窓で開く  |  美容  |  TrackBack(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑




コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rayleighroom.blog74.fc2.com/tb.php/419-1e14c755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |