05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012.03.28 (Wed)

「むくみ」にお悩みの方へ...




こんにちは(^^)
レイリーmomoです




本日のテーマは、むくみ


s_ENTRY_10930_46175444c9635.jpeg



むくみを解消して、心も体もスッキリしたい方必見です







むくみの原因は、体に水分が溜まってしまう事!






水分が体に溜まる原因は、おおきく分けて以下の3つ
「体が必要に応じて水分を保持しようとしている」
「体がうまく水分を排泄できなくなっている」
「血管が拡張していて、水分が漏れている」







そうなってしまう主なきっかけと、
気をつけるとよい点を以下にまとめました!







1、冷え

冷えていると言う事は、血行が悪くなっていると言う事です。
血流が悪いと、水分代謝機能が低下して、うまく水分を排泄できなくなり、結果むくみに繋がります。




 対 策

 入浴
  体を温めるには、やはり入浴が効果的!
  38~40℃のぬるめのお湯に最低でも10分、できれば30分つかるのが理想的です。

 湯たんぽやホットパット
  自分が冷たいと思う部分を冷やす他に、太ももやお腹を温めるのも効果的!
  太ももには体全体の4分の1もの筋肉が集まり、血流も多いので、
  効率的に全身を温めることができます。

 温かい食べ物と陽の食べ物
  冷たい食べ物は体を冷やすので避けましょう。
  陽の食べ物とは、色が濃い、赤っぽい、塩分が多い、水分が少ないなどの食品です。
  具体的には、赤身の魚やたまねぎ、にんじん、みそ、ドライフルーツなど。
  逆に、体を冷やすものは、牛乳やパン、バナナ、レタス、もやしなど。
  ただ、絶対に食べてはいけないだけではなく、バランスよく摂取する事が大切(^ω^)
 






2、塩分やタンパク質の取り過ぎ

これらを取りすぎると、血液中の濃度が高くなり、
その濃度を薄める為に、体が水分を溜め込もうとします。
なので、水分が排泄されず、むくみに繋がります。



 対 策
  
 カリウムを摂取する
  
カリウムは、塩分(ナトリウム)を水とくっつけて体外に排泄しやすくしてくれます。 
  アボガド、ほうれん草おひたし、グレープフルーツ、えだまめ、バナナなどに多く含まれます。
  ただし、一番よいのはバランス良く食べる事なので、偏った食事には要注意!

 水分摂取量の目安は1日2リットル以上
  溜め込んだ汚れた水を押し出すためには、
  新しい綺麗な水分を摂取してあげる必要があります。
  1日2リットル以上飲むことが理想です。

 日本茶、紅茶、コーヒーの飲み方
  これらは、脱水作用があるので、飲むと逆に水分はマイナスになるイメージ(><)
  飲んではいけないと言うことはないが、その分また水分をとることが大事。








3、腎機能の低下

腎臓の機能が低下すると、うまく尿を作れなくなります
結果、水分がきちんと排泄されず、体に溜まってむくみとなります。
生活改善をしてもまったく効果がない場合は、
一度腎臓の検診を受けてみることもオススメです。



 対 策

 冷えやストレスが腎臓の負担に
  ストレスを受けると、交感神経が優位になって血管が収縮するので血行が悪くなり、
  結果体が冷えてしまいます。
  血流が悪くなると、細胞の働きが衰えて機能が低下します。
  体を温める事、規則正しい生活をする事を心がけてください。

 


ストレスとは?

  精神的な事以外でも、体にとって負担な事は全てストレスです。
  まったくのストレスフリーは難しいですが、
  心当たりのある所から少しずつ意識して生活改善していきましょう。
   
  身体的ストレス
   外的ストレス…気温、怪我、病気、運動不足、過食、大気汚染、食品添加物
   内的ストレス…睡眠不足、不規則な生活、夜更かし、妊娠、月経
   
  精神的ストレス
   社会的ストレス…転校、夜勤、セクハラ、結婚、疲労、上司、友人
   心理的ストレス…離婚、別居、死別、恐怖、失恋、失敗、挫折

 










4、体内で炎症が起こっている


炎症が起き、血管が拡張し続けると、そこから水分が外に漏れてしまうので、
むくみの原因になってしまいます。


 
 対 策

  冷えが原因の炎症
   体内で炎症が起こるのは、そこが冷えて、血行が悪くなっているためです。
   血行が悪いと、体は血管を広げて血の流れを良くしようとします。
   この時に出る、血管拡張を促す物質が、同時に炎症や腫れなども引き起こします。
   「1、冷え」の対策を参考に、体を冷えから守りましょう。

  
  細菌やウイルスが原因の炎症
   細菌やウイルスが侵入してきたりすると、そこに炎症反応が起こり、
   血管が拡張します。
   これらに感染しないように、免疫力を高めておく事が必要です。
   免疫力を高めるには、体温や酸素が必要ですので、体を冷やさない事、
   血行を良くして酸素をきちんと運搬してあげることが重要です。
  

  傷による炎症
   傷がつくと、患部の血管が拡張し、痛みを引き起こすプロスタグランジン
   が発生し、炎症を起こします。
   傷によって体内に炎症が起こっている場合は速やかに病院で診察を受けましょう。








いかがでしたか(^^)

むくみは水分調節ができることによって制覇できます!

日常生活で出来る事がほとんどですので、みなさんもやってみてください










s_rayleigh.jpg

大阪・本町のアロマ&エステティック
プライベートサロン ☆レイリー☆

大阪市中央区南久宝寺町4-6-6
080-4017-4189
info@rayleigh.jp
=================================
HomePage
http://www.rayleigh.jp/
Blog
http://rayleighroom.blog74.fc2.com/
facebook
http://www.facebook.com/rayleigh.jp
=================================













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

記事を別窓で開く  |  健康  |  TrackBack(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑




コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rayleighroom.blog74.fc2.com/tb.php/421-36509b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |