04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.01.22 (Wed)

冬〜春先のアトピー・肌あれにご注意!




こんにちは、レイリーEIKAですデコメ



お正月あけから、肌あれSOSのご相談が一気に来ています。
今年の肌あれシーズン第一波の到来です...(>_<)


「お正月あけ頃から、なんだか肌あれがひどくなった気がする...」
「年末までトラブルのなかった肌が、少しムズムズする、痒い...」



という方。
この時期に肌あれが起こる方は、「たまたま」ではなく
アトピー・アレルギー・敏感肌が原因となっている場合が
とても多いのでご注意ください。

あとに書きますが、アトピーやステロイド使用経験のない
方でもこの肌あれは起こる場合があります。


みなさんから肌あれの報告や相談をいただくとき、
いつもほとんど同日か、ずれても1〜2日ほどの違いで
いっせいに連絡が来ます。

その度に、これが個人的な体調の問題だけではなく、
人間の生体リズムや体のしくみが、季節と深く関わっている
ことを感じずにはいられません。


とくに荒れが出やすい部位は、目のまわり、口〜小鼻まわり、
あとは間接の内側などですが、
個人により様々ですので、どこにでも出現する可能性はあります。




IMG_5192.jpg


この写真は、レイリーでアトピー改善中の友人です。
とてもつらい状況なのに...
他に困っている人たちのためにUPしていいよ、と言ってくれました。
本当にありがとう...(>_<)


彼女は、過去にステロイド離脱を経験して、体のアトピーもほぼ出ない
状況になっていましたが、やはりこの時期は顔、目周りに出ます。
昨年もそうでした。


ステロイドによる離脱反応は

「こんなに時間も経ってるのに...しかもあんなに少量しか使って
 いないのに、まだ出るの!?」



と、ほとんどの方が最初は信じられない場合が多いですが、
実際にステロイド使用経験のある多くの方に起こっています。
ステロイドは、体内に入ったあと、代謝をうけ、酸化コレステロール
という脂溶性の物質に変わり、体の脂肪組織などに長期にわたり
蓄積したままになってしまいます。

しっかりと脂肪組織にこびりついてしまった酸化コレステロールは、
基礎代謝の低い状態ではなかなか排泄されず、その間は肌あれは
起こりません。
しかし、春先など代謝の高くなる時期にここぞとばかりに出てきて
肌あれを起こしてしまいます。

ですので、症状だけを見ればとてもつらい状態なのですが、根本的には
体のデトックス反応が起こっているので、その点では良い事でもあります。


このことを知らず、「肌あれ、大変!薬ぬらないと(>_<)」
といって抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使ってしまうと、短期的に
症状はおさまっても、長期的に見れば来年の肌あれを仕込んでいる
ことにもなりかねません。

しかし、お肌の免疫のしくみを知って、きちんとしたケアを続ければ、
肌あれの波は毎回小さくなってゆき、最後には必ずキレイになくなります!

肌あれケアは、具体的には生活改善(睡眠・栄養・運動など)のサポートと
スキンケアに関するアドバイスをレイリーではさせていただいていますが、
ケアの前に、肌あれの原因が本当にデトックスなのか?
ただの不摂生なのか、外気の汚染物質が原因なのか、なにかウイルスや菌、
真菌に感染しているのかなど、最初の見極めがとても大切になります。

それぞれの場合で、生活改善やスキンケアの方法も変わってまいります。
お困りの方は、なんとなくお薬を使ってしまう前に、
ぜひレイリーにご相談くださいね。



ちなみに、

「ステロイド剤を使ったことがないのに、
 肌あれやアトピーが出るけどどうして(>_<)?」



という方からもよくご質問をいただきます。
ステロイドの代謝産物として恐れられている酸化コレステロールは、
実は普段の生活の中でも発生してしまう場合があります。
詳しい状況をあげればキリがないほどですが、具体的には

・ストレスの多い方
・タバコを吸われる方
・過労気味の方
・外食の多い方
・運動不足の方
・お菓子の好きな方

は、過去アトピーになったこともないし、ステロイド使用経験もない...
という状況でも、酸化コレステロールが発生して肌あれが起こる場合が
あります。



年間を通してみた場合、
いちばん大きな肌あれの波は2〜3月頃です。


今の小波の段階での対処が、のちに関わってきます。
この時期のお肌のサインをキャッチして、しっかり対応すれば
2、3ヶ月後の肌あれはずいぶん変わりますよ。


毎年春先に荒れてしまうのが怖い...という方は、
ぜひレイリーにご相談くださいねデコメ ばいばい

↓↓

レイリー予防医療カウンセリングメニューはこちら








s_rayleigh.jpg

アロマ・予防医療・エステティック
プライベートサロン・レイリー

080-4017-4189
rayleigh0910@gmail.com


<住所>
沖縄店 沖縄県中頭郡北谷町北谷2丁目
伊丹店 伊丹市西野8丁目

※住所詳細は防犯上記載しておりません。
ご予約の際にお問い合わせ下さいませ。

=================================
Blog
http://rayleighroom.blog74.fc2.com/
facebook
http://www.facebook.com/rayleigh.jp
=================================

<予防医療カウンセリング>
美肌・ダイエット / アトピー・敏感肌 /
しみ・シワ・たるみ / アンチエイジング
冷え性・低体温 / 子どものアレルギー
各種アレルギー / ニキビ・ヘルペス /
乾癬・水イボ・色素沈着 / 腰痛 / 頭痛
ガン / 糖尿病 / 高血圧 / 高脂血症 etc...
        デコメ 矢印
デコメ ばいばい 予防医療/アトピーカウンセリングMENU


<取扱商品>
雪美人化粧品 / プラセンタドリンク激
寿康美商品 / 痛くないアートメイク/
INSIST /インシスト /ポリシー化粧品
有機ルイボスティー / ソフィル-e /
予防医療カウンセリング /アロマ精油
        デコメ 矢印
デコメ ばいばい 商品のお問合せ・発送について







参考ブログ


★Rayleighスキンケア・予防医学セミナー★

2014年 (第14回)
NAJEY☆Rayleigh 予防医学・アトピーセミナー@沖縄

2013年 (第13回)
Rayleighスキンケア講習会@大阪

第13回 Rayleighスキンケア講習会@大阪
参加された皆様からのご意見・感想



★とても大切な基礎知識★

命の要、基礎体温のお話

冷えは全ての病気の根源!

ニキビから癌にまで影響する、活性酸素のお話

免疫の要、腸内環境のお話

サプリメントの必要性と選び方

生命誕生の奇跡と、いのちの神秘

☆神秘の臓器、プラセンタとは☆



★アトピー劇的改善編★

赤ちゃんの頃からアトピーだった26歳女性の症例①

赤ちゃんの頃からアトピーだった26歳女性の症例②

赤ちゃんの頃からアトピーだった26歳女性の症例③

乳児のアトピー改善例



★ニキビについて★

①(ニキビの原因編)

②(サロンケア編)

③(自宅スキンケア編)

④(生活改善編)



★ダイエット編★

①今がチャンス!春はダイエットに最適な季節です!

②人は、なぜ太るのか、やせないのか?

③太らない体を手に入れるために

④検証!ダイエット生活モデルケース☆

⑤働き盛りのメンズの皆様へ...☆



★お役立ち情報★

理想の水分補給源、ルイボスティー☆

春先はなぜアトピーが悪化するのか

高脂血症とコレステロール値のお話

「むくみ」にお悩みの方へ...

赤ちゃんのスキンケアについて

赤ちゃんのアレルギー予防 〜母乳は天然のワクチン〜

風邪の治し方

お肌改善レポート~真菌症だと診断されたアレルギー編~




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

記事を別窓で開く  |  アトピーケアについて  |  TrackBack(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑




コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rayleighroom.blog74.fc2.com/tb.php/587-c951d03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |