09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.03.01 (Sun)

春先はなぜアトピーが悪化するのか



こんにちは、レイリーEIKAですデコメ

先週も大阪にて予防医学セミナー。
今回はみっちりアトピーセミナー4時間!

先日の「赤ちゃん・小児のアトピーについて」でも書きましたが
毎年この時期、1月末から2月頃から、一年でもっとアトピーの相談が多い時期。
この時期のアトピーセミナーはリアルタイムでとっても貴重です。





なぜこの1月下旬~2月にかけて、年に一番アトピー症状が出やすいのか?
疑問におもわれる方も多いと思います。

これには、自律神経のしくみをはじめ、冬の寒さや空調が関係しています。
今日はそのあたりのお話を少し簡単に:)






●アトピーの人の自律神経のバランスは?


一般的にアレルギー体質のひとは、副交感神経が高いためにアレルゲンに敏感に
なりすぎて症状が出ると言われています。それじゃあアトピー性皮膚炎もアレル
ギー性疾患だし、副交感神経が高いのかというと...必ずしもそうではなく、実際
はもっと複雑です。アトピー性皮膚炎の場合、自律神経のバランス的に副交感神
経が高くても、トータルパワーとしては低いと考えられます。
皮膚症状が悪化してかゆくなるのは、交感神経が高くなるため。
副交感神経が安定して高ければ、かゆみは減るはずです。

...と、文章で書くと、結局どっち!?
となって、とってもわかりにくいですよね。

要は、


交感神経も副交感神経も、
生体リズムに合わせてしっかり働いている状態



これが理想で、リズムに合わずに働いたり、リズムに合っていてもパワーが弱い
とバランスが崩れ、体調やアトピー症状に影響する、ということです。
アトピーカウンセリング時には、図を使いながら詳しく解説しています:)


C0B5BEEFA1A1BCABCEA7BFC0B7D0A1A1A5D0A5E9A5F3A5B9.jpg








●春先にアトピーが悪化しやすいのはナゼ?


アトピー症状の出方は人それぞれですが、秋に寒くなり始める時期よりも、春先
に暖かくなり始める頃の方がつらい症状を訴える人が多くなるようです。
これは、季節の変わり目で気温が変動し、自律神経のバランスが不安定になるた
め。自律神経は極度の変動に影響を受けやすいのです。ゆっくりした動作から突
然急ぎだしたり、気温が急に変化したとき、自律神経は変動してバランスを崩し
やすくなります。
気温の変化の場合、「暖かい→寒い」秋口の気候よりも、「寒い→暖かい」春先
のほうが、自律神経の変動域が大きくなりバランスを崩しやすくなります。なぜ
なら暖かくなるにしたがって体は脱水傾向に傾き、自律神経のトータルパワーが
落ちてくるためです。そして春は交感神経優位→副交感神経優位へ切り替わる時
期。このため代謝が上がり体のデトックスが起こりやすくなり、それに伴って炎
症も大きくなる傾向があります。


春先に1年で一番アトピーが悪化しやすいという事実。


ここで大切なことが3つあります。
それは


★ふだん肌あれがなくても、アトピー素因をもっているかどうかの判断材料になる。

★アトピーが完治したと考えてよいかどうかの判断材料にもなる。

★代謝が上がりデトックスしやすいこの時期が、アトピー改善には絶好のチャンス。




いつも日常的に肌あれやアトピーが出ていない方は、季節の変わり目の肌あれを
なにか偶発的なもの、たまたま何かにかぶれただけだとスルーしてしまいがち。
しかしこの時期に毎年なんとなく肌があれるなぁ、という方は偶然ではなく、
上記のような理由でアトピー性皮膚炎が起こっている可能性があります。
アトピー改善に取り組まれている方は、終盤になると炎症も起こりにくくなり
もう完治したのか、たまたま基礎代謝が下がって症状が出ていないだけなのか、
判断が難しくなりますが、そのような場合も春先の症状の出方は判断材料として
とても参考になります。
つらい症状が出ることは嬉しいことではありませんが、上記のことを前向きに
捉えると、季節に後押しされて、1年で一番デトックスしやすい時期と考える事
もできます。
レイリーでアトピーケアを実践中のお客さまたちも、この時期をチャンスと捉え
前向きにがんばっている方がたくさんいらっしゃいます:)


20111209_h_7.jpg








●2月って春先なの!?


暖かくなって副交感神経優位になって、アトピー症状が出やすくなるのはわかっ
たけど...2月ってまだ真冬じゃないのっ!? 春先って3月4月じゃないの!?
と思われた方も多いと思います。
私たちの考える春先よりも、少し早いこの時期にアトピー症状が悪化する方が
多い理由は、冬の寒さと暖房やエアコンなどの関係が考えられています。
冬に入りどんどん寒くなってくると、冷えにより毛細血管の血流は悪くなり、
皮膚の代謝も落ちやすくなります。冷えて代謝が落ちると、炎症は起こりにくく
なり、場合によってはアトピー症状が改善したかのように見えることもあります。
しかし、炎症炎症は治癒反応ですので実際には改善したのではなく、むしろ根本
的な改善が停滞している状態である可能性があります。
この状態がしばらく続き、皮膚のストレスがピークに達するのが2月頃、という
考え方が一つ。
もう一つは、空調による自律神経の乱れ。寒さが強くなる1月頃から、暖房や
エアコンで暖かくコントロールした部屋で過ごすことが多くなります。年末年始
お正月休みは特に、連日暖かい部屋で過ごすことが多くなりがちで、これにより
体が春先だと勘違いし、交感神経→副交感神経の切り替わりが早く起こってしま
うと考えられています。







●一番つらい時期であり、一番チャンスでもある時期

生活環境や、その土地での気候がみなさん違う上に、このように自律神経に影響
する要素もたくさんあるので、炎症が強く出やすい時期は個々により少しずつ
ずれてはいますが、大まかにこの時期にみなさんピークが来ます。

大人も赤ちゃんも、女性も男性も、背景は様々ですがレイリーにもアトピー相談
が一番多くなるこの時期。
以下、現在アトピーケア中の方々ごく一部の症例です。
みなさん、つらい症状が出ていますが、いま体に何が起こっているのか、これは
体の内側からのどういうメッセージなのかを理解し、前向きに取り組まれていま
す。中には涙しながらがんばる方もいます。

同じつらい症状を乗り越える過程でも、いま体で何がおこっているのか把握せず
ただただ生活改善をしたり症状に耐えるのは、とても辛くて心が折れてしまい、
ケアを続けることは困難です。

つらい症状でも、間違いなく良い方向へ向かっているという確信が持てていると
同じ症状でも最小限のストレスで乗り越えることができます。
そのための正しい情報や知識を持っていただき、希望をもってケアに取り組んで
いただくことが、レイリーの務めと考えています。

まだまだ書きたいことがあるのですが...
アトピー関係の情報は膨大なので、また少しずつ書いていきます。

何度もお伝えしている、「炎症こそ治癒反応」
体の自然治癒力を信じてあげて、精一杯サポートしてあげましょう:)
いつでもご相談くださいね!




8ヶ月乳児の男の子/神奈川県


26歳女性/神奈川県


40歳男性/大阪府





【こちらも合わせてご参考に】

26年間のアトピー・7ヶ月での改善例

乳児(生後2ヶ月強)乳児湿疹/アトピーケア症例

乳児(生後6ヶ月)アトピー改善例




対処方法をためらいながら、とりあえずお薬での対症療法を続けてしまうと、
後々には結局、改善にとても時間がかかるケースが多いです。

自然治癒力...そうかもしれない!
と思われた方はお早めに、ご相談ください デコメ ばいばい











s_rayleigh.jpg

アロマ・予防医療・エステティック
プライベートサロン・レイリー

080-4017-4189
rayleigh0910@gmail.com


<住所>
沖縄店 沖縄県中頭郡北谷町北前1
伊丹店 伊丹市西野8丁目

※住所詳細は防犯上記載しておりません。
ご予約の際にお問い合わせ下さいませ。

=================================
Blog
http://rayleighroom.blog74.fc2.com/
facebook
http://www.facebook.com/rayleigh.jp
=================================

<予防医療カウンセリング>
美肌・ダイエット / アトピー・敏感肌 /
しみ・シワ・たるみ / アンチエイジング
冷え性・低体温 / 子どものアレルギー
各種アレルギー / ニキビ・ヘルペス /
乾癬・水イボ・色素沈着 / 腰痛 / 頭痛
ガン / 糖尿病 / 高血圧 / 高脂血症 etc...
        デコメ 矢印
デコメ ばいばい 予防医療/アトピーカウンセリングMENU


<取扱商品>
雪美人化粧品 / プラセンタドリンク激
寿康美商品 / 痛くないアートメイク/
INSIST /インシスト /ポリシー化粧品
有機ルイボスティー / ソフィル-e /
予防医療カウンセリング /アロマ精油
        デコメ 矢印
デコメ ばいばい 商品のお問合せ・発送について



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

記事を別窓で開く  |  アトピーケアについて  |  TrackBack(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑




コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rayleighroom.blog74.fc2.com/tb.php/762-e8515170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |